« GPM/DPRの初観測画像 | トップページ | だいち2号、これからです! »

2014年4月20日 (日)

衛星データをあなたなら何に使いますか?

昨日、筑波宇宙センター特別公開、無事終了しました。多くの方に来ていただきありがとうございました。

さて、本業の方ですが、ファンファンJAXAで、衛星データ利用推進の動画ニュース作ってもらいました。衛星が身近に使われている事例を紹介しています。

そして、新しい衛星データの利用方法を考えついた方は是非連絡くださいね。

ちなみに、収録が朝早かったので、前半は固い雰囲気を醸し出しています…。もっと精進が必要です…。

 

 

 

|

« GPM/DPRの初観測画像 | トップページ | だいち2号、これからです! »

ロケット打上げ・衛星関連」カテゴリの記事

新宇宙ビジネス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。数年前こちらのブログでお世話になった者です。

広告・広報の立場から宇宙開発に貢献できたら…そう思い、社会学部メディア学科に進学しました。
宇宙と人とを”つなぐ”仕事をしたいと思っています。
宇宙は難しい、とっつきにくい学問だと思われている上に、お金が無駄になってしまう研究だと言われる現状をなんとかしたいのです。なかなか難しい問題ではありますが…(笑)

ここで質問なのですが、JAXAに就職する為に学歴は必要でしょうか?
また、一昨年のSpace Hangoutのようなイベントの広告用のキャッチコピーやバナーなどは、JAXA広報部の方が実際に作っていらっしゃるものなんですか? それとも広告会社に発注したものなのでしょうか?

投稿: 恵 | 2014年4月25日 (金) 20時26分

>恵さん、進学おめでとうございます。
宇宙を人をつなぐ仕事、是非よろしくお願いします。

さて、ご質問の件ですが、私自身採用を担当している訳ではないので、
学歴ついてはよく分りませんが、JAXAには新卒、経験者採用、招聘等含め、
いろんな経歴の人が働いています。また、多くの企業の方々も
一緒にプロジェクトなどを推進しています。
私の感覚としては、仕事に必要なのは、学歴ではなく、
個々の業務に必要なスキルだったり、専門性です。

あと、キャッチコピーやバナーについては、職員がつくることもあれば、
外部の企業に頼む場合もあります。
例えば、だいち2号のコピー「大地にも、精密検査が必要だ。」は、
JAXA内部でミッションを表すコピーが必要という話がまずあり、その後、
より良いものを作るために、内外の関係者が集まり、
ミッションの内容などを考え、議論して作りました。
まあ、担当変われば、やり方も変わるので、いろんなやり方があると
思ってもらえば、良いと思います。

投稿: いはもと | 2014年5月 2日 (金) 10時26分

はじめまして。
私は現在就職活動をしている大学4年生です。
もしよろしければ、コメント上ではなく、メールにてお返事をいただけると幸いです。
ちなみに、私はロケットや衛星の保全・設備などを種子島宇宙センターでやってみたいというのが夢です。
思いっきり技術職になるのですが、実は大学ではコテコテの文系です。
案の定、今回の新卒採用では技術職を希望させていただいたところ、ご縁がありませんでしたとのご連絡をいただきました。
しかし、諦めが悪く、経験者採用を次は目標にがんばりたいと考えています。
そのことでご相談したいことがあるのですが、個人的な内容も含まれてきますので、よろしければメールにてご連絡いただけないでしょうか。
お手数おかけして申し訳ありません。

投稿: 里奈 | 2014年5月 4日 (日) 16時42分

>里奈さん、こんにちは。
お返事の件ですが、メールや直接お会いしてのやりとりはしておりませんので、
あしからず、ご了承ください。
で、いろいろ挑戦することは大切なことだと思いますので、
頑張って下さいね。

投稿: いはもと | 2014年5月 6日 (火) 14時01分

5月4日放送の「夢の扉」で Ⅾ-NETの小林さんを取り上げられてたので見ました

縦割り行政を衛星利用で横のつながりを持つことで有効的な利用を行う  JAXAだからもそ出来る横でのつながり このような利用以外にも まださまざまな利用があちこちであると思うだけに 第2 第3の小林さんのような方が取り上げられる事に期待します

投稿: なみへいオヤジ | 2014年5月 9日 (金) 19時53分

>なみへいオヤジさん
まだ放送見てませんが、横軸展開は大切なことですよね。
ビックデータなどデータの垣根も無くなってきているので、
我々自身も新たな展開を考えたいと思ってます。

投稿: いはもと | 2014年5月12日 (月) 20時55分

いはもとさん、
ご無沙汰しております。
衛星データの利用については、リモセン・測位について建機業界での利用案を3月に御社に提出させていただき、個人的にいはもとさんにお話伺いたいことがたくさんあるのとは別に、先月H-2A小型衛星相乗り・きぼうからの小型衛星放出について、従来の無償機会だけでなく営利目的の衛星にまで対象を拡げた有償機会の試行提供開始について疑問点があったので、筆を取った次第です:
Q1. 税金を財源としている独法であるJAXAは利益を出してはいけないという思想から、営利目的の衛星打ち上げや有償受注はしないと理解していましたが、ここにきてそれが可とされた思想的転換の根拠は何でしょうか?
Q2. H-2A打ち上げ自体は(いはもとさんこそよーくご存知のとおり)MHIに移管されて久しいですが、なぜ今回試行開始された小型衛星の相乗り打ち上げはJAXAにお金が入るスキームになっているのでしょうか?
Q3. 今回有償打ち上げの機会が開放されたことによるユーザの利便性について、従来の無償の機会提供や競合海外打ち上げと比べてJAXAではどのようなものが挙げられるとみているのでしょうか?
Q4. 今回は『国内需要を顕在化』させるために対象が日本国内の機関・法人などに限定されていますが、需要は海外のほうが有望と思われる中、今後対象を海外の衛星に拡げる思惑はありますか???
いつも質問ばかりで恐縮ですが、後学のためにご教示頂ければ幸甚です

投稿: Quriaki | 2014年5月21日 (水) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衛星データをあなたなら何に使いますか?:

« GPM/DPRの初観測画像 | トップページ | だいち2号、これからです! »