カテゴリー「素朴な疑問」の記事

2006年12月21日 (木)

きくはちぞう君のその後Part2

昨日のブログで、きくはちぞう君が地上に残るお話を書いたところ、

10月25日のはちぞうブログにて、「JAXAの人に案内してもらって大型ロケット発射場(LP1)にやってきたよ。ここからH-IIAロケットが打ち上げられているんだ。僕もこの12月にここから宇宙に旅立つんだ☆楽しみだな~。」という記述があったのだけど何故?という質問をいただきました。

http://www.jaxa.jp/countdown/f11/hachizo/blog_10_j.html

 

で、私が想像するに、

「最初は、きくはちぞうくんは、当初、きく8号に乗って、一緒に宇宙に行くつもりだったんですが、あちこち取材するうちに、地球の人々の優しさと居心地の良さに気付いて、きく8号と一緒に行くのはやめて、地球に残ることにしたのです。そして、地球の人々と、きく8号の活躍を見守ることになったのでありました。めでたし、めでたし。」

ということなのかなあ、と。

 

ちなみに、「打上げは終わっても、きくはちぞう君は、追跡管制隊で地味にがんばってます。衛星班も応援してくださいね!」と担当の方は言っていました。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

きくはちぞうくんのその後

今日から東京で定常業務に戻りました。どうも岩本は広報部の人間だと思われているようなのですが、本業は産学官連携部というところで、宇宙産業とJAXAの橋渡しを業務としております。こちらも頑張っていますのでよろしくお願いします。

 

さて、きく8号打上げの時の応援メッセージで頂いた質問の中で、「きくはちぞう」君は一緒に宇宙に飛んで行ってしまうのではないか、という質問が幾つかありました。で、確認してきました。

ずばり、きくはちぞう君ときく8号は、別ものです。きくはちぞう君は、きく8号の打上げ、運用を我々と一緒に応援するためにやってきたので、これからもずっと我々と一緒です。地上から空を見上げて、きく8号を応援します。ということで、今後も可愛がってやって下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)